小さなレストラン ままのレシピ、佐世保市大野町にある栄養バランスのある定食がおすすめのカフェ

ままのレシピの外観はどこにでもある大衆食堂の入口だけども、敷居が低く、店内はノスタルジックで異国な雰囲気が漂う空間です。
コチラは、店内でも飲食できるように、テーブル席とカウンター席を少人数向けに用意しており、メインは夜、そしてテイクアウトできるメニューになります。

そんななか、ままのレシピでオススメなのは醤油や酒などで作った調味液を揉み込み、一晩寝かせて焼き上げた赤魚のしょうが醤油焼きと野菜のはさみ揚げ定食(750円)です。

皮はパリっと香ばしく、身はプリッとジューシーで、生姜の香りと辛味が効いた甘じょっぱい味がごはんによく合うと、ご年配の方々から評判です。
いんげん、ごぼう、人参などの揚げ物など、定食として完成された一品で、ごはん、味噌汁、小鉢、漬物が付いています。

ままのレシピは子供からご年配まで、地元の人たちを中心に、多くのファンに愛されているから、接客もスタッフの優しさが際立ちます。

また、子供たちからも人気取りしているのがオムライス(400円)です。
フワットロッとしたたまご、ケチャップライスとあいまってお子さんからは絶大なる人気取りをしています。

店名:小さなレストラン ままのレシピ
住所:長崎県佐世保市大野町260-4 A棟102
電話:080-5203-4122