切手買取のポイントとなる相場と状態

両親や祖父母の遺品を整理したら出てきた、親戚に譲り受けたなどしてたくさんの切手が手に入るシーンというのは、意外と少なくないかと思います。

しかし自分自身は収集に興味がないためできれば手放したい、しかしただ処分するのはもったいないので切手買取を依頼したいと考えることもあるでしょう。

切手買取を検討したとき、覚えておくとよいのが相場です。

参考:切手買取の相場.com|切手買取価格が高いおすすめ専門店はどこ?

記念切手や航空切手、琉球切手や中国切手といったものは、高い値が付きやすい傾向にあるため、コレクションの中にないか探してみるとよいでしょう。
普通切手ばかりだったとしても、発行数が少なかったり発行年数が古いものなどは値段がつくこともあるため、まず査定に出してみるのがおすすめです。

中には消印が入っているものもあるでしょう。

そのようなものは一見売れそうにないと思いがちですが、希少性が高い切手であれば十分買取可能です。
また、消印込みで収集している収集家などもいるため、意外と値段がつくということも少なからずあります。

切手買取で重要なのが状態です。

どんなに希少なものであっても状態が悪ければ買取不可であったり安値で買い取られてしまいます。
きちんと仕分けをして、きれいな状態で買取を依頼するようにしましょう。